So-net無料ブログ作成

アメリカ大使館Visa申請 リベンジ [留学]

まったく面倒くさい話だ。
同じプログラムを申し込んでるのに、人によって許可されるVisaの期間が違うなんて。
昨年5月に受けたアメリカ大使館面接。しかしながら、許可された期間はわずか1ヶ月。

というわけで、長期Visa取得リベンジのために一時帰国した私であったが、
今日アメリカ大使館にVisaの面接に行ってきた。

今回は準備周到。
学校からのレター、5ヶ月のI-20、全財産での残高証明、UCIからのグレード、
すべてをそろえ万全の体制で臨んだ面接。

今回聞かれたこと、
「1年間はアメリカに滞在するんだよね?」ってことと、
「今、何の勉強をしてるのか?」のみ。
そしてあっさり許可された。何ヶ月のVisaが来るかは、届いてからのお楽しみ。

Visa面接の窓口は6番~10番。
私が呼ばれたのは7番。
8番~10番で呼ばれる人は、Visaの発行が何らかの理由により許されない人々らしい、
といううわさがあったが、それは本当のようだ。
私の隣の窓口で、Visaの許可が下りず、涙している日本人女性。
がっくりと肩を落としつつ、でも領事に食い下がり、何度も何度もお願いしている姿を
目撃してしまった。
どんな理由があって拒否されるのか、どういう判断基準でVisaの期間が決まるのか、
ほんとわかんない!!

2万円以上申請料金の支払いをしているにもかかわらず、拒否されたらたまんないね。

どうか、今回は長いVisaが取れますように!!






nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

マッキー

2万円も取られるんだ!ぼったくりよねぇ、、、
長いVisaとれますように。。。
へぇへぇってこといっぱいあるんだなー。
by マッキー (2007-01-04 01:06) 

のんち

>マッキー
そうなのよ、2万円以上だよ。何をするのもお金がかかる世の中よね。
長いVisaが取れたんで、いつでも自由に日本に帰って来れます。
(お金があれば・・・)
by のんち (2007-01-06 07:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。