So-net無料ブログ作成

とうとうゴスペル [ゴスペル]

ゴスペル始動計画第一弾。

昨日近所のMethodist Church にゴスペルWorshipの見学に。
せっかく黒人がたくさん居る街に住んでるんだから、
友達を作るっていうのと、体験で一度でいいから参加してみたい!ってことで。

問い合わせしたら、この日はMartin Luther King Sundayってことで
特別なWorshipです。とのこと。
見学は自由なので、気軽に来てね。といわれて気軽に行ってみた。

中に入ってみると、朝食のケータリングサービスがあったり、
コーヒー飲み放題、みたいになっていたりで、テーブルで各々談笑したりコーヒー飲んだり。
一人ぼっちの私は、居心地悪く、壁に貼ってある張り紙を読んだり、トイレ行ったりウロウロ。
全く知らないコミュニティーに一人で入っていくって、相当勇気が必要と改めて痛感。
とりあえず、気配を消して人間ウォッチングを試みたものの
背後から、おばちゃんに話しかけられびっくり。

みんながゾロゾロ中に入り始めたので、便乗して中へ。
目立たない場所を陣取り、周りをきょろきょろ。
人種は黒人が9割、白人1割、アジア0って感じ。
だいたい150人くらいいただろうか。

10時30分、Worshipスタート。

突然、前に立ってる神父が、大声で
Hey Men!!
と呼びかけると、全員で
Men!!

おお、何だ何だ、何が始まるのか?
全員起立。

さっそくオルガンで愉快なテンポの音楽が演奏され、
神父がラッパーみたく音楽にノリノリで朝の挨拶。
ゴスペルチームはいつやってくるのか?と思いきや、
そのままの流れで会場全員でとりあえず3曲。
みんな結構本気で歌ってるからすごい。

その後、Responsive Readingといって、
渡されたシオリにかいてある言葉をみんなで読んでいく。
軽く英語の発音勉強になっていいかも。

その後、私の本命ゴスペルチームが音楽に乗って登場。
私にとって肝心なのは、歌う音楽、メンバー構成のこの2つ。
音楽は思っていた通りだからOK。参加できそう。
しかーし・・・

列に連なって入ってくるみなさん。

じいさん、ばあさん、ばっかりじゃん。

歌い始めたらやっぱり上手だったけど、ちょっと友達になるには世代が違いすぎる。

そして一人のおばさんがソロで歌う。
これがすばらしく上手だった、けど・・。
会場中が熱気にあふれ、スタンディングオベーションだったけど・・・。
なぜかチームメンバーが歌いながら号泣。
感極まって泣き崩れるわけだ。


だめだ・・・このテンションにはついていけない。

ということで、1時間半参加したけど、他に用事もあったので途中退散。

また別の教会を探してみようということで、プロジェクト第一弾は終了。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ぐり

まぁいろんな教会があるでしょうが
号泣で引いてたらついていけないかも。。
がんばってちょんまげ。
by ぐり (2008-02-06 12:57) 

のんち

>ぐりちゃん
そうだね~、みんなどこもWelcomeなのは嬉しいんだけどね。
テンションも大事だからね。
気長に探します。
by のんち (2008-02-08 05:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。