So-net無料ブログ作成

Millbrook Vineyards & Winery [ニューヨーク観光(NY)]

コネチカットだけじゃ物足りなくなって、
とうとう足を延ばしたNY州のワイナリーめぐり第二弾。

ホワイトハウス御用達のワイナリーから、車で15分、
Millbrook Vineyardsへ。
DSC07760.JPG
見よ、この広大な雪景色の中で強く生きる(っつうか枯れてる)ぶどうを。
DSC07761.JPG
久しぶりにこんなに広いブドウ畑を見たよ。
Napa かSonoma以来の広大な景色に感動。

この砂利道を進むと、出てきましたワイナリーの建物。
DSC07763.JPG

このワイナリー、ワインの試飲は$7プラスワイングラス付き。
I[黒ハート]NYっていうマークが入ったワイングラスがもらえます。

ちょっと可愛くて結構お気に入り。

DSC07770.JPG
ワイナリー内はちょっと暗くて、倉っぽい。
ここでのテイスティングは6種類、赤3本白3本にエクストラで1本、
さらに、ワインを試した後に、
イタリア製エクストラバージンオリーブオイルを試すことが出来る。
DSC07786.JPG
これがそのオリーブオイル。
色がめちゃくちゃ美しくって、感動。
美味しくてあまりに感動したので、購入して早速家で食べた。
その様子はワインブログに書きましたぜい。
興味のある方はこちらへ。

たまたま、ワイン製造工程のツアーに参加させてもらったので、
ワインってどうやって造るの?という方のために、書いておきましょう。
DSC07776.JPG
まずこれが圧搾機。
収穫して発酵させたブドウのジュースを圧搾する機械。
DSC07777.JPG
で、これがステンレス製のタンク。
樽で熟成させるワインと、ステンレスで熟成させるのとあるんだよ。
樽だと、オークの香りがワインに残るし、
ステンレスだと独特のオークの香りが無いから飲みやすいワインになるんだ。
・・・って言っていたと思う。

DSC07785.JPG
これがオーク樽。
ここの樽はフランスオーク80%、アメリカオーク20%使った樽だそうで、
どうしてその比率なの?と質問したら、
色々研究した結果、それが一番良かったのよ、と
ごく当たり前の答えしか返ってこなかったけど。

DSC07782.JPG
そしてこの機械でボトリング。
DSC07778.JPG
上の写真とこの部分はつながっているんだけど、
ここでコルクをするそうだ。
DSC07780.JPG
コルクをしたら、ラベルをボトルに貼って。
DSC07781.JPG
箱詰め。

ちなみにここのワイナリー、なぜかカリフォルニアワインも試飲できまっす。
カリフォルニアで獲れたぶどうを使って、このワイナリーで作っているらしい。
Central Coast CAのワイン、と書いてあったので、
サンタバーバラ?と聞いたら、そう、と言っていた。
カリフォルニアの赤ワインはやっぱり美味しい。
・・・と気がついてしまったのは私だけであろうか??

その場で飲み比べちゃうと、やっぱりCAワインは美味しいよ。

ってなわけで、ここではステンレス樽で熟成させたシャルドネをお買い上げ。
辛口だけど、独特の苦味が無くて美味しかったよ。

詳しい感想は、また今度ワインブログに掲載予定。

色々ワイナリーを廻ると、やっぱりその土地、との土地、全然味が違うのよね。
なんだか、通になった気分になっちゃうけど、
何はともあれ、自分の好みの味を見つけることが一番だな~と、思うわけです。

田舎道を走りながらのロングドライブも楽しいし、ワイナリーめぐり最高。

次回は別の場所のNYワイナリー訪問予定。
早く暖かくなれ!!!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。