So-net無料ブログ作成
コネチカット観光(CT) ブログトップ
- | 次の10件

Vegie Picking [コネチカット観光(CT)]

お友達のEd&Calaさんと、朝からVegitable Pickingに行ってきた。

シーズンだからか、Blueberry Pickingというサインはよく見るけど、
野菜狩り?見たこと無いってことで、初挑戦。
なんでも、Edさんの同僚がこの畑の近所にお住まいだそうで、
教えてもらったんだとか。

我が家から車で10分程度、のどかな田舎道を走るとあるぞ、
Vegie Picking。
DSC06019.JPG
Nod Road, Avon CT 06001
The Pickin' Patch

All Aboutでも記事があったので、実は結構有名なのかな。

広い農場で、受付でお兄さんが色んな野菜の育ってる場所を教えてくれるので、
その場所に行って、欲しい分だけ取ってよし、というシステム。
量り売りなので、それぞれの野菜は袋を分けなくちゃいけないので、
欲しい種類分だけ、袋をもらおう!!
キッチンバサミなどを持っていくと、収穫しやすいけど、ナイフも貸してもらえる。

DSC06007.JPG
色んなシーズンで取れる野菜が違うらしい。

とりあえず、なす。
DSC06008.JPG
これがまた、馬鹿でかいEggplantとは違って、ナスなのです。日本のナス。

DSC06011.JPG
そして、もぎたてのレタス。これ1つで$1だった。安っ。
Whole Foodsで買うと、$2.49なり~。新鮮だし、お値段も半額以下ですわ。

DSC06013.JPG
ブロッコリーもあったりして。

自分で取るのも楽しいし、新鮮なやつを探すのも結構楽しい。
ただし、ほんとに畑なので、汚れてもよい格好で行こう。
DSC06024.JPG
その他、自分で取る以外にも、お店の中に色々な種類の野菜たちがあり。
かなり楽しい。

DSC06030.JPG
色々取って、ショップで買い足して$7強。


帰りに・・・。
DSC06027.JPG
昨日、夜中にすごい雷&嵐だったそうだが(寝てて気がつかなかった)
どうやら落雷したらしき木を発見。
そして、その側にあった信号機が壊れて、ずっと黄色になってた。

いやいや、それにしても、楽しかったし、安いのでまた買いに行こうっと。


nice!(0)  コメント(2) 

Fairgroundで花火を見よう [コネチカット観光(CT)]

もっとコネチカットを楽しもうキャンペーン。夏編。

一度でいいから行って見たいと思っていたFairground。
CAにいたときも、横目で見つつも、
行くチャンスが無かった移動式遊園地である。

この辺りでどっかないのかな~なんて話してたんだけど、
たまたま我が家のポストにいつも入ってくる
情報誌Yankee Flyerという冊子をパラパラ見てた時、
見つけてしまった、しかも、Big Fireworksと書いてあるではないか。

我が家から車で30分弱、East Hartlandで開催されてるとのこと。
なんと、62th Annual Carnivalらしい。
由緒正しいお祭りのようなのだ。

場所は毎年同じで、Berg Field というRoute20沿いのところ。
7月末~8月頭にやってるようなので、来年もご滞在の皆さん、
お時間あれば、是非どうぞ。


車は路上、もしくは駐車場に無料で停めれる。
入場も無料。
中はおそらく普段は単なる公園みたいだけど、すごい人・人。
バンド演奏などもしており。
DSC06040.JPG
ちょっと楽しげ。

そして・・・
DSC06042.JPG
観覧車。一回でいいから乗ってみたかった。

DSC06043.JPG
メリーゴーランド。
かわゆい子供がたくさん乗ってた。
気になるのが、メリーゴーランドの馬たちなんだけどさ。
派手な馬があってもいいじゃないか。

でも、
DSC06056.JPG
派手なニワトリはどうだろう。

さらに
DSC06055.JPG
魚をくわえた猫っていうのは、どうだろうか。

やっぱり人気がなくて、どの子供も好んで乗ってない。
作り手のセンスを疑うメリーゴーランドである。

その他ポンポンハウスとか、超長い滑り台があったりして、
大人でもやっていいでしょうか?と聞きたくなる様々なアトラクション。

DSC06048.JPG

これは酔いそうなので、乗らなかったけど。
DSC06046.JPG

ぐるぐる廻る不思議な乗り物。

DSC06045.JPG
これは水鉄砲ゲーム。
数人、参加者が集まると開催されるゲームで、
よーいドンで的を狙うと、人形がどんどん上に上がっていって、
制限時間内に一番上に上がった人が勝ち。
好きなぬいぐるみをゲットできるゲーム。

DSC06049.JPG
これは、おっさんの奥にある的をボールで狙って、
的に当たると、檻の中に入ってる水着ボーイが水槽に落ちるというゲーム。
水着ボーイは、的を狙う投手にヤジを飛ばし続ける。

食べ物もフライドポテトとかホットドックとか、ハンバーガーとか売ってたりする。
日本の夏祭りのイメージ。
でも怖いオッサンが焼きそばを焼いてるようなことはなく、
いかにも地元のおばちゃんたちが、料理してたりする、アットホームな雰囲気。

そして、夜9時30分から花火がスタート。
大きい花火、と書いてあったけど、どーせたいしたこと無いだろう、と
思ってたけど、これが結構立派な花火大会だった。
しかも、打ち上げ場所がめちゃくちゃ近いので、
腹に響く花火の音。
ほんとはビール片手に、ジャンクな食べ物を食べつつ・・・と思ったけど
ベビ子もいたし、立ち見でさっと帰れる準備をして眺めたよ。

DSC06080.JPG
臨場感が伝わりそうな写真が1枚取れたので、アップ。
ね、すぐ近くで上がってるでしょ。

いやいや、花火も綺麗だったね、と帰りに車まで歩いてたら、
夜空の星もめちゃくちゃ綺麗だった。
見たこと無い星座が見える!と大喜びだったけど。
考えてみたら、大して詳しくない星座の名前。

とまあ、East Hartlandに向かうまでの道も雰囲気があったし、
途中通り過ぎたGranbyという街では、
なぜかガソリンが$3.89だったし、(Hartfordより50¢安い)
暮れ行く夕焼けを見ながらのドライブもまた格別であった。






nice!(0)  コメント(0) 

Heublein Towerに登ろう [コネチカット観光(CT)]

我が家から見える、山の頂上に常に見えてたタワー。
引っ越してきた頃から、夏になったらあのタワーに上ろう、と言っていた。

先日、下見がてら行ってみたら、なんとトレイルになっており、
どうやらストローラーでベビ子を運搬するのは無理そうであった。

まあ遠くから見てればいいか、と自分的には、納得していたが
朝、起きたらD氏が、今日はハイキングへ行くぞと言い出した。

慌てて朝ごはんを済ませ、支度して出発。
我が家から車で10分弱、タワーへのトレイル入り口に着いた我ら。

この日のために、日本から登山靴を持って帰ってきたD氏。
いったい、なんでそんなものを持ってきたのか不明であるが、
どうやら、このハイキングの目的は、登山靴を試す、というものであったらしい。

ベビ子をオブ紐で背負って、準備万端。

最初は、広いトレイルを登り、木漏れ日を浴び森林浴気分。
DSC06400.JPG
だんだんきつくなってきて、やっぱり山登りはキツイ~と不満をもらしつつ。
噂によると、30分くらいで頂上まで着くらしい。
余裕、余裕と思っていた。
道行く人々もかなり軽装で、登山靴などを履いていたのはD氏だけ。

DSC06404.JPG

急坂を登ると、目の前が急に開けて、どうやら頂上が近いようであった。
おお、美しい!
タワーまでは目と鼻の先である、と確信した我らであった。

ところが・・・。

ここまでは1本道だったのに、ここで2又に別れていた。
この写真に写る家族連れが、細いトレイルを選んでいったので、
我らもそれに着いていったのである。

ここが非常に危険なトレイル。
右側が崖になっていて、一歩踏み外すと、下まで落ちそうな怖いところであった。
気をつけろ!といいながら、道なき道をひた進む。
そして、急坂、一枚岩が張り出しており、両手を地面につきながら、
なんとか登りきった。

その上がさらに2又に分かれていた。
タワーこっち、などという案内板は一つも無い。
よし、こっちだ!と野生の勘で進んでみた。
すると・・・。
DSC06406.JPG

木に緑色の印が。
これはきっとタワーへのトレイル印に違いない、と
草木を掻き分け、細い道を進んだ我ら。

しかし、行けども行けども、道は細くなるばかり。
上を見上げても、木が鬱蒼と茂っており、タワーも見えない。

やばい・・・完璧、道に迷った。
この緑の印、実は木に寄生してたコケだったんじゃないの?という話になり。
引き返すことに。

かなりの距離を引き返し、途中で見つけた親子に
「すみません、タワーはどっちでしょう?」と聞いたところ、
「こっちよ」と教えてもらった。

「実は道に迷ってしまって・・・」というと、
「私たちも1時間迷ったことがあるわ」と言っていた。
うーむ、なんとも危険である。

その親子と出合った地点から、ほんの数分で、

DSC06408.JPG

やっとタワー入り口の看板を見つけ。
DSC06411.JPG無事到着。

これが、Heublein Tower

ここまでの所要時間、不明。
時計を携帯していなかった我ら。腹時計はお昼を指していたようだった。

タワーは無料で登れたが、階段がきつかった。
5Fくらい登ると、
DSC06417.JPG
ううむ、絶景の田舎風景。
東西南北をすべて見渡せる。
どっち方面を見ても森ばかり。遠くにHartfordの高いビル群が見えた。


タワーの上は、展望台になってるんだけど、風が強いため窓が閉め切ってあり
なんとも空気が悪く。
長居ができなかったので、下山開始。

DSC06407.JPG
タワーの中のインフォメーションで見たところ、どうやらこの印はトレイル印だったらしい。

D氏、道に迷っている間に登山靴で靴ずれを起こしたらしく、
足が限界だ~と言っていたので。
ようし、私と靴を交換しよう」と言って、靴交換。

こんな時、デカ足の嫁がいると重宝するのである。

しかし登山靴、相当つま先が固いので、
親指が出っ張ってる私には拷問のようなキツさであり、
下りとなると、余計、前に重心がかかるので、足が痛かった。

登りの厳しいトレイルは一体なんだったのか?と思うほど、楽チンで広いトレイル。
かなり子供連れが多かった。
明らかに間違った道を進んでいたらしい。
あっという間に下山。おそらく15分くらいであっただろうか。

車に戻って、時計を見たら、なんとトレイルに出発してから2時間以上経過しており。

どうやら、1時間以上、道に迷っていたらしい。

さらにブヨに3箇所も刺され、踏んだり蹴ったり。

登山靴が、ゴミ箱行きになったのは言うまでもない。
なんでも聞いてみたら、高校時代に買った登山靴らしく。
ベビ子を2時間以上も背負い続けた肩はカチカチに。
マッサージに借り出された私の指も、痛い痛い。

やっぱりハイキングって楽しくないっ。
でも紅葉の季節は美しいだろうな。


nice!(0)  コメント(0) 

ミスティックで遊ぼう ~Mystic Aquarium~ [コネチカット観光(CT)]

いままでずーっと行こう、行こうと思いつつ、
誰か遊びに来てくれるまで待とうと言っていたMystic Aquarium。

せっかくのチャンスなので、ばーびーと一緒に念願の水族館へ。
DSC06555.JPG
Mystic Aquarium
55 Coogan Blvd Mystic, CT 06355-1997


どーせ田舎の水族館なんだろうな~と思って大して期待してなかったんだけど、
かなーり楽しかった。
DSC06569.JPG
ベビ子も食い入るように海の仲間を眺めていた。
無題1.JPG
アザラシも大あくびが出るほど、雰囲気の良い場所であり。

その他、イルカやペンギンやなぜか鳥や美しい色をした魚など盛りだくさん。
かなーり楽しめるスポット。

その後
DSC06575.JPG
Mystic River沿いのダウンタウンを散策。

小さい船や帆船が停泊してて、美しい場所。

ここで・・・
強烈な腹下しに見舞われたわたくし。
「またトイレ行くの~?」などと姑から冷たい?言葉を受けつつ、
必死の形相でトイレを探しまわる。
どこを探してもPublic Restroomが無くて、顔に青スジをたてながら、
「トイレを貸してください!!」と宿屋のおばちゃんに懇願。
お客様以外お断り的な雰囲気を、感じつつも。緊急を悟ったらしく
「どうぞ!」と言ってトイレを開放してくれた。

ふぅ、便座に座って、これこそ天国、これこそ幸せと感じた瞬間、
マジ助かったぜい。

心の平和を取り戻し、観光を再スタート。
DSC06584.JPG

だんだんと紅葉してきた木々を見つつ
DSC06586.JPG
お花が美しいレストランなどを目で楽しむ。

無題2.JPG
そうこうしているうちに、可動橋の踏み切りが閉まり
DSC06578.JPG
橋が上に上がり
DSC06580.JPG
垂直まで上がり、船が横切る貴重な画像をカメラに収め、大満足な構造マニアの私。

DSC06585.JPG
街中にイカリが飾ってあり、とても雰囲気の良い街であった。

まだまだ捨てたもんじゃなコネチカット。
雪が降るまで、楽しんじゃうわよ。


nice!(0)  コメント(2) 

Lyman Orchards で 大雨ピクニック [コネチカット観光(CT)]

大雨、引き続き2日目。
DSC06614.JPG
せっかく美しい紅葉が始まったのに、どんどん葉っぱが落ちてしまう。

雨の中だったけど、Edさんの所属するグループの集いにご招待いただき、
向かった先はLyman Orchards in Middlefield。

ここは大きな農場で、ゴルフ場や迷路なども併設された場所。
天気が良かったら、りんご狩りとかバレーボールとかバトミントンなんかが
楽しめたらしいけど、あいにくの大雨。

テントの中で、ホットドックやチキンやサラダなどをいただいた後、
デザートにアップルパイとアイスクリームをいただき。

参加者のみなさんは、アジア系の弁護士の方々。
話題もなんだか難しそうだった・・・。

コネチでのんびり主婦をする私には、共有できる話題もなく、
いつも以上に騒ぐベビ子の世話で手一杯。

アップルパイ、超美味しかったのに、一口食べてベビ子が騒いだので途中退場。

DSC06611.JPG
池に噴水があったり、鳥がたくさんいたりして、天気が良かったら、もっと楽しめたはず。

ショップがあったので、Edさんにベビ子をお願いして、ちょっとだけお買い物。
DSC06613.JPG
かなりな品目が売ってるFarmer's Marketみたいな感じ。
野菜だけじゃなくて、チーズとかケーキとかまで売ってるの。
おそらく地元の人のスーパー代わりだと思われる。

本当は6時までの会合だったのに、ベビ子が大騒ぎ。
Edさん、Calaさんには申し訳ないけど
途中退場させていただき。

ちょっとしか食べれなかったアップルパイ、
Edさんたちが半分おすそ分けしてくださったので
DSC06615.JPG

美味しくいただきましたよ~。
ご馳走様です。
DSC06616.JPG
ざっくり切ったら、こんなんなっちゃったけど、中にはりんごがたっぷり。
めちゃくちゃ美味だったわ~。

なんでもこれは、2007年度、コネチカットで一番美味しいアップルパイに選ばれたそうで。
それもそのはず、甘すぎず、サクサクのパイにやわらかいリンゴがマッチしてたよ。

ベビ子がうるさすぎて、発狂しそうなので、
今日はすでにビールを2本空け
現在梅酒をチビチビ飲みながら、金切り声と戦闘中。

うちの子がコネチカットで一番うるさいベビーであろう。

こんな日は酒を飲んで、戦うべし。




nice!(0)  コメント(3) 

Ferryで川を渡ろう [コネチカット観光(CT)]

このネタを観光のカテゴリーに入れていいのか甚だ疑問。

さて、私の趣味の一つ、読書ならぬ読地図。
暇さえあれば地図を見て、遊んでいるのである。

この前、ぼーっと地図を眺めていたところ、私の好奇心をかきたてる
ある場所を見つけてしまった。

それがこちら。
無題1.JPG
これは、Connecticut River という州の中心を南北に流れる川。
冬は寒さのあまり凍り、春は雪解け水で氾濫し、夏は木々に囲まれた
風光明媚な川である。

この場所は川幅が非常に狭くなっており、
地図で見ると、道路が切れているにも関わらず、点線で結ばれているではないか。
そしてその横には、Ferry Parkという名の公園が。

ここには川を渡るFerryがあるに違いない。

調べてみたところ、Websiteを発見。

なんでも1655年から存在するというこのフェリー。
Rocky Hill と Glastonburyを結ぶ役割を果たしている。
川が氾濫して橋が使えないときなどに、代替の交通手段として使われてたそうだ。
今では氾濫してるときは、使ってないそうだけどね。

5月から10月末までしか運行してないので、行かなきゃーーー、と思って
早速ドライブがてら遊びに行ってきた。

 この寒空の中、だれがフェリーに乗りたがるのであろうか、と疑いつつ。
近所の電光温度計が45°F(7℃)と日本の真冬並みの寒さであることを
横目で確認。10月末なのに・・・寒いっす。

ワクワクしながら、Ferry 乗り場近くまで行って見る。
沿道にFerryはこちら、の看板があり、チラっと見たら、その下の看板にCの文字、

ままま、まさかClosedではなかろうか、と思いつつも、目的地に到着。

DSC06788.JPG

着いた!!地図どおり、道路が途中で切れて、川になってて、Ferryが停まってた。

んんん?近づいてみると、

DSC06795.JPG

ややや、やはり運航してなかった・・・・。Websiteの嘘つき・・・・。

やむを得ず、この辺りを散策。
DSC06793.JPG

とりあえずこれがFerry。
想像どおり、超しょぼい。おそらく1度に車が2~3台しか乗れないと思われる。
片道、車1台$3、徒歩ならば$1だそうだ。

DSC06796.JPG
ちょっと面白かったのが、この案内板の下の方に書いてあったこと。
フェリーを呼ぶには、クラクションを鳴らしてください、だって。
向こう岸にフェリーがいたら、クラクションで呼ぶのね。
定期的に運航してるんじゃなくて、ニーズに応じて往復してるのだろうか。

DSC06790.JPG


きっとFerryからは、雄大なConnecticut Riverの流れが楽しめる、と思われる。

もうきっと今年の運航は終わっちゃったんだろうな。
帰り道、小雨に混じって雪がチラチラ舞ってた。冬がやってきたなあ。

Ferryの情報を見てみたら、ここだけじゃなくて、
Connecticut RiverをわたるFerryはいくつかあるようだ。
以前訪れたGillette Castle の近くにもあるいたい。
興味のある方は5月1日以降にお楽しみください。








nice!(0)  コメント(0) 

North pole Express に乗ろう [コネチカット観光(CT)]

前々から、行ってみたいと思っていた観光用SL。
夏の間は、SLと川下りがセットになって、楽しそうな観光スポット。

行こうよ、行こうよと何度も誘ったけど、相変わらず腰の重いD氏に断られ、
やむなく諦めていた観光プランの一つであった。

木曜日、1本の電話。
友達のマライヤが、今週の金曜日の特別電車に乗るチケットを買ったのに、
出張のお付き合いでフィラデルフィアに行くことになったらしく、
特別電車に乗れなくなったとのこと。

チケットが無駄になるから、あげるよ、となんとも気前の良いマライヤ。

せっかくなので、行こう!ということになり、棚からぼた餅状態でいただいたフリーチケット。
ネットで見たら、クリスマス前はもう全部売り切れなんだ~。

というわけで、こちら。
DSC07240.JPG
Essex Stream Train


いただいたチケットは、クリスマス特別企画、
クリスマス前夜にサンタクロースと北極へ行こう!というツアー。
クリスマス前夜なので、
子供達はお気に入りのパジャマで参加してね、と事前の説明には書いてあった。
でも北極へはとても寒いので、暖かいパジャマを着てきてね、だって。

俺らもパジャマ着用なんじゃないの?などとボケた質問をしてたD氏を無視し、
我ら大人は普段着で乗り込む。
子供たちは、電車内でサンタに会えて、プレゼントをもらえる。

間近で見るSLは大迫力。おっさんが頑張って石炭を入れる姿もいいねえ。
モクモクと煙をはいて、辺りは煙だらけだったけど、ワクワクしちゃうわ。


DSC07247.JPG
入り口の看板には、かわいいクリスマスの飾りがしてある。

DSC07246.JPG
駅には、もう一台、別の蒸気機関車も飾ってあり、雰囲気最高。

外は超寒くって、凍える寒さ。
あっちに展示室があるよ、と教わり行って見ると、
DSC07251.JPG
超特大、電車ジオラマ。写真が悪くて、いまいち解りづらい。


続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 

牧場チーズを求めて [コネチカット観光(CT)]

~もっとコネチカットを楽しもうキャンペーン中~

そもそも、コネチカット州ってどんなところだっけか、とwikipediaを調べてみた。
★アメリカ50州中29番目に人口が多い(真ん中か・・・)
★48番目に小さい州である
ってことは・・・4番目に人口密度の高い州でもあるそうだ

2005年のデータによると、人口の約87%が白人、約10%が黒人、4%がアジア人なんだって。
行くところに行けばアジア人もいるけど、やっぱり見かけないねえ。

ま、データだけ見てもなんだけど、東京生まれ、東京育ちの私からすると
すごい自然豊かで、家の近くでシカとかリスとかを見れるって、すごいところだな~と
いつも思うわけである。

紅葉も本当に美しくて、ダイナミックな四季を楽しめる、というキャッチフレーズにぴったりかな。

ちょっと郊外に行くと、牧場とか果物狩りとか出来る場所がたくさんあって、
田舎暮らしが満喫できる場所でもある。

そんな数ある牧場の中で、極上のチーズを作っている牧場があるという。
最近ワインを楽しむ我らとしては、極上チーズを是非買ってみたい!

ってなわけで、行ってきましたCato Corner Farm

cato farm.JPG
土曜日と日曜日の10時~15時しか開いていないので要注意。
DSC07733.JPG
この小屋がチーズ販売所。

DSC07727.JPG
なんか通が好みそうなチーズが数種類。
ワインテイスティグならぬチーズテイスティングも楽しめちゃう。

好きなチーズを選んで、小さくカットしてもらって、試すこともできるのだ。
で、好きな量を注文すると
DSC07730.JPG
おばちゃんがチーズをカットしてくれる。
今日はこのチーズがお勧めよ、などと、彼女のお勧めを教えてもらえる。

これがまた、クセのあるチーズから、トラディショナルなやつまで、
色々取り揃えてあって、かなり楽しい。
DSC07732.JPG
なにかで表彰されたこともあるそうな。

ビバ田舎暮らし!!こんな時はそう思うのである。

そんで、こういう牧場の人とかワイナリーの人って、みんなすごい親切でフレンドリー。
そこらへんのレストランのウエイトレスも見習うべきだと、いつも思ってしまう。

極上のチーズにプラスアルファ、
ここでは子牛の肉を買うことが出来る。
DSC07731.JPG
色んな部位があったよ。


そんな捌かれた子牛を見た後・・続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

Norwalkで遊ぼう [コネチカット観光(CT)]

いつもワイナリーとかチーズ屋とか、大人が楽しむ場所しか行ってないので、
たまには子供が楽しめそうな場所に行ってみよう、と
D氏企画、コネチのへなちょこ観光スポット探し。

ま、その第一弾がスモークハウスだったんだけど、
第二弾の本日は、水族館。

水族館といえば、以前遊びに行ったMystic Aquariumが有名なんだけど、
どうやら、西コネチ海沿いにもあるらしい、ということで
The Maritime Aquariumへ。

DSC07910.JPG

ここは、Long Island sound と呼ばれるでっかい入り江に面した場所にあり、
この辺りの水の中がどんななのか、とかちょっとローカル色の濃い水族館。
ちなみに、Long Island soundってここね。
long island sound.JPG
この中海みたいなところ。

早速行ってみると、入り口から大混雑。チケットを買うのに長蛇の列。
徐々に近づいてみて混雑の理由がわかったけど・・・。
要はチケット販売のブースが1つしか開いてなかったからなんだけどね。

DSC07902.JPG
でも中も結構な混雑で子供連れがめちゃくちゃ多い。
早速お出迎えしてくれたのがあざらし。
DSC07900.JPG
かわいいね~と言って通り過ぎたけど、ここからがすごかった。


続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
- | 次の10件 コネチカット観光(CT) ブログトップ