So-net無料ブログ作成

PGA ゴルフツアー観戦 [カリフォルニアスポーツ]

世界最高峰のツアーといわれているPGAツアー。
サンタモニカで試合が開催されているということで、プロを間近で観れるチャンスは少ないので、
生まれて初めてゴルフ観戦に参加。

当然のことながら、ゴルフ場で開催されるわけだが、相当な客数と車が来るということで
地元をあげての一台イベントの模様。
ゴルフ場に直接行ったら、近所のPublic Parkingへ止めろと指示される。
駐車場代$20。ただの学校の空き地に止めるだけなのに、やたらバブリーだ。
駐車場からゴルフ場入り口まで徒歩10分。途中ドーナツや水が路上で売られている他、
アメリカにもダフ屋が存在することが発覚。
んー、ダフ屋がいるってことは当日券は買えないか?と思ったが、
入り口にチケットブースがあり、当日券$25で入場可能。

地味だけど入り口。
中は携帯電話とカメラは没収されてしまう。全然持ち物チェックされないから、
持ち込んでもOKだとは思うけど・・・。
入り口は何の変哲も無いテントだけど、中に入ると、人・人・人。
大人から子供まで老若男女、ゴルフ好きが早速観戦しているではないか。

せっかくだから有名選手を見たいということで、クラブハウス横のパター練習場へ。
超ロングパットを練習から軽々沈めるプロの選手たち。うーんかっこいい。

そもそもラウンドのルールも知らなかったのだが、ゴルフは成績順にプレーしていくらしい。
前日までの成績がよい人が、一番最後のグループに入り、3人ずつ1グループになり
プレーをするらしい。
前日のトップは、世界賞金ランキング2位のフィル・ミケルソン(2月19日現在)

フィルー!と観客に声を掛けられると、ちゃんと挨拶する礼儀正しい人である。
噂によると、この愛想のよさから、ものすごい人気があるらしい。
そしてワールドランキング世界1位は、あのタイガーウッズ。
残念ながらタイガーはこの日は参戦していなかった。大物を生で観るチャンスを逃したわけだ。

せっかくなので、このフィルと一緒に18ホール回ろう!!と意気込んで
緊張の1ホール目。
いやいや、さすがに最終組だけあって、ティーグラウンドは人だかり。
背がでかいと思っている私ですら、負けるくらいのでかいアメリカ人にもみくちゃにされつつ
覗き込む。しかし距離が遠すぎるため、途中の玉が落ちてきそうな場所で待機。

コロっと近くに落ちてきた!!よしよし、間近で見れるチャンスと思ったその時。
同じグループで回るイケメン選手を発見。
前日2位につけていたハリントンさん。
個人的に、全くゴルフのバックグラウンドが無いため、イケメンひいきで応援。
しかし選手はバシバシ玉を飛ばすし、フェアウェイの真ん中を歩くから移動が楽だけど、
我らギャラリーは回り道、坂道、そして混雑の中、壮絶な場所取りをしながら
歩き回るわけで、しかも、相手が巨大なアメリカ人。
6番ホールまでがんばってついてまわったけど、歩き疲れるし、人が多くて疲れちゃった。

というわけで、もっと絶好の位置で見れる場所へ先回り。
最終18番ホールのガラガラに空いているティーグラウンド前を陣取り、
先にプレーしている選手たちのショットを見ようと作戦変更。

しかしながら、ゴルフプレーヤーで顔と名前が一致する人が
ジャンボ尾崎、青木功、宮里藍、横峰さくら、丸山茂樹、タイガーウッズという
超素人の私。
とりあえず身近で観た人で、すごいと思った選手。
ジョンデイリー。ものすごい飛ばし屋らしい。
顔が超強面、妻に暴力をふるい、アル中になったが、見事復活を果たした選手とのこと。
なぜか最終18番ホールで、一人でかなり怒っていて、怖かった・・・。

チャールズ ハウエル 三世。
隣で見ていたオッサン二人組みが、彼を見たときに超興奮していた。
確かにもんのすごい、弾丸ショット。

そして、18番ホールでぼーっと見ていたら、向かい側の3番ホールで
丸山がプレーをしていたのを発見。
成績が悪かったため、最下位に近いところで地味にプレーしてた。
ギャラリーの数も超少ないの・・。
ミーハーな私は、彼がホールを移動する際、超近くで、「がんばってください!!」と
声を掛けてみたが、調子が悪かったせいか、かなりシカトされた。
まあ、丸山を見たくて行ったわけじゃないからいいんだけど。

いや、とにかくいえることは、ゴルフ場は広い。
そして、爽快な程開放感がある。
まあ、初めて行った場所への観想はそれくらいだけど、何よりすごかったのが、
プロのプレー。
ぶっちゃけ、TVでゴルフ中継を見ていると眠くなるし、臨場感が伝わってこないから、
ゴルフはスポーツだ、っていうのも、いまいちピンとこなかったけど、
実際世界最高峰の選手たちの体、そしてプレーを見ていると、
これはまさしくスポーツであるのだと、実感するのさ。

まず、ボールを打つときの動きの早さ、そして美しさ。
その辺の練習場にいるアマチュアは、殺人的なゴルフクラブの振り方をするくせに、
全然飛ばないんだけど、プロは違う。
ビュっという風を切る音とほぼ同時に、ボールを打つパーンという音。
そして空に打ち放たれる球が、風を切るようにまーっすぐ飛んでいく。
ボールが落ちるの先は、ものすごい狭いフェアウェイ。
決して、ギャラリー席に入ることもない。

体がすっぽり隠れるほど段差のあるバンカーから、バックスピンをかけて、
ピンのすぐ横に落とす芸術的な技。
いやいや、やはり何でもプロといわれる人々の技と、肉体は完成されたすばらしいものだ。

結局、あまりの混雑のため、最後まで見れなかったけど、結果は、
ずっとトップを守り続けたミケルソンが、チャールズ ハウエル 三世に追いつかれ、
プレーオフで負けてハウエルが優勝したとのこと。
これも生で見れたら、相当な興奮だっただろうな~。

というわけで、初めてのゴルフ観戦は、プロのすばらしい技と肉体に感激し、
そして混雑と歩く距離で相当疲れたものだった。

いやいや、よい運動をしたものだ。
チャンスがあれば、タイガーウッズを見てみたいものだわ。





nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

マミー

さあ、一緒にゴルフをやりましょう!  当たれば飛びそう~~ダヨッ
丸ちゃんはシーズンオフの時のほうが、TVによく出てるよね!?
        藍ちゃんにサインをもらったマミーより
by マミー (2007-02-19 21:58) 

のんち

>マミー
いやいや、コース回れるほど上手になるには、相当時間かかりそうです。
パワー(体重)があるので、あたれば飛ぶと思います。あはは。
マミー、ところで今聞いた情報ですが、
とうとうゴスペル始めるんですか??
ゴルフもいいですが、一緒にゴスペル歌いましょう♪ルンルン。
by のんち (2007-02-20 15:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。