So-net無料ブログ作成

Baby Boomlet [時事問題]

時事問題っていうマイカテゴリーを作っておきながら、
実は今まで1つしか時事問題の記事をアップしてなかった。

というわけで、今日は新聞で見つけた記事について。

意外なことに、アメリカは現在、空前のベビーブームが再来してるらしい。
これが現在、1961年以来の高い出生率だそうだ。

何を隠そう、私もベビーブーム時に生まれた子であり、
日本だと、1972年~1974年生まれってめちゃくちゃ多い。
受験、氷河期の就職、何もかも競争社会で、苦しい若者時代を送った一人。

統計によると、アメリカでは1970年代は
非常に子供が少なかった時代みたい。

で、女性が一生で生む赤ちゃんの人数の平均というデータがあるんだけど、
サウジアラビアは、なんと4.5人、
次いでアメリカが2.8人、フランスが1.9人・・・と続き
日本は1.3人、韓国に至っては1.1人らしい。

特にアメリカに住むHispanic系の皆さんは、3人以上生む人が多いから
この数字を牽引してるんだって。

ここ最近の傾向をBaby Boomletと呼べるだろうという内容の記事。

新聞では
We are the only people who respond to prosperity by saying
"Let's have another kid"
と書いてあったよ。
子沢山のHispanicの皆さんだけでなく、アメリカ人はベビーが好きだなって
どこにベビ子を連れて行っても実感するよ。
みんな気軽に話しかけてくるし、Beautiful Babyと必ず言ってくる。
(女の子のベビに、必ず言うみたいよ。Beautifulじゃなくてもね)

そして、ここConnecticutでは、法律で赤ちゃんがいるお母さんは
仕事中にいつでも授乳する権利がある、とされているのだ。
もちろんタイミングなどは、職場で話し合ってください、と書いてあるけど、
州から送られてきた子育て用のパンフレットに書いてあった。
子供を育てるための社会の環境ってやつも、出生率を大きく左右するからね。

この前ダンキンに行ったときに、私とほぼ同じ時期に赤ちゃんを産んだという
お母さんが、バリバリカウンターで働いてた。
やっぱり初めての子供なんだと。
まだ子供が1ヶ月なのに、職場復帰するんだな~と思ったら正直びっくりした。
私も仕事・・探そうかな、と思いながら、最近新聞のJob欄をちらちらチェック中。
一時帰国まであと3ヶ月、あんまり意味ないかな。復職。

と、ダラダラと書いたけど、我がベビ子もベビーブームの子供になってしまったわけだ。
この子が将来アメリカに来たら、苦労するのかな。
がんばれよ~ ミニD子。

ほえ~、そうなのか?              でへへ。まあ何とかなるっしょ。






nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

まろっぽ

かわいい~かわいい~つるつるだね。パパ似??

日本もすこ~しずつ補助だとか休暇だとか良くなってるみたいだけどね。
しかし職場に託児所とかありえないし。(都内じゃ通勤ラッシュ時に赤ちゃんと電車乗るの無理だよね~)
by まろっぽ (2008-01-17 10:19) 

のんち

>まろっぽ
ありがとう!白い肌とあご以外はD氏似。

日本も少子化対策、といいつつ改善されないよね。
保育園もすごい待ちみたいだし、職場に託児所がある企業なんて
ほとんど無いだろうね。
改善して欲しいものです。
by のんち (2008-01-18 06:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。